奇跡の女の子産み分け術

2011年12月24日

女の子を出産できる

女の子を出産できる

奇跡の女の子産み分け術
私は産み分けカウンセラーとして
これまで800名以上の女性をカウンセリングし、この方法で妊娠へと導いてきました。
産み分けというのは一般的に不可能というイメージがありますが、

実は、正しい方法を知ってしまえば産み分けに失敗した女性でも、
しっかりとした女の子を授かることができるのです。
ある方法を使えば、男の子ばかり生まれていた女性でも、
女の子を出産できるのです

「ある方法って!?具体的にどうやってやったの?」

もしかしたら、そのように言われるかもしれません。

でも私は、その方法を使って無事妊娠、出産することが
できたのです。

そして実際に、女の子ができない方達の悩みを
解決してきました。

そのとっておきの方法を、あなたにもお伝えします。

あなたもきっと

「女の子の赤ちゃんを授かりたい」

「健康で五体満足な子を産みたい」

と、努力なさってきたことでしょう。
私も子供が出来ずに苦労したので、お気持ちはよく分かります。

あなたの産み分けは
病院でするものと思っていませんか?


これからする話は、信じられないかもしれませんが産み分けに成功した人の話です。

「次こそ女の子よね・・・」

この何気ない他人の一言に逃げ出したくなる日が続いていた律子さん。
25歳で結婚した彼女は、1人目から「女の子」が欲しかったのですが、
生まれたきたのは「男の子(たけし)」。

生まれてみれば我が子だからかわいいのは当たり前・・・

2人目の時は産み分けして「女の子」がほしいな・・・それくらいの感じでした。
たけしがおっぱいを卒業するとすぐ2人目がほしくなりました。

基礎体温もたいして測らず、排卵日も特定できないまま、子供ほしさに子づくりしました。
結果はまた「男の子(つよし)」。

妊娠8ヶ月の段階で分かったのですが、かなり落ち込みました。
でも、主人と話し合って子供は3人と決めていたので次こそがんばろう!


まだ次がある!!
次がある・・・  次が・・・
今度はその強い想いがプレッシャーになり私を苦しめました。


こうなると律子さんは、周りからの近所で女の子が生まれたと聞くと、
本当は「おめでとう」と言いたいのだけれど
内心では「先を越された」なんて思ってしまう自分がイヤになりました。
近くの公園で遊んでいる女の子をみると、そのお母さんが羨ましくなり
思わず連れ去ろうと思ったことも・・・・

でも、律子さんは、病院に行こうとしません。


実は律子さんのお姉さんが病院の指導で産み分けをしたのですが
残念ながら失敗しているのです。

「病院の指導で産み分けするのは大変みたいだし・・・自然な方法で女の子を
授かりかったから・・・」


それで、私のところへ相談にきたということです。


「ねえ美里・・・産み分けって病院に行かないと無理って
   聞いたけどやっぱり本当なのかなあ?」


「そんなことないよ。病院に行かなくても自宅でできる
   自然な方法があるんだけど、聞いたことない?」


「セックスの時感じないようにするのは知ってるけど他にもまだあるの?」


「うん。女の子を産み分けるためには、セックスの時感じないように
   することも大事だけど、それだけじゃないのよ。
   こんな方法もあるの。」


「え、ホント?他にも方法があるの!?
   産み分けの本を読むと、最後には、病院に行け・・・でしょ。
   家で産み分けが本当にできるのかな?」


「実は、この方法を実践して、
   私自身が病院に行かずに2人の女の子を産み分けしたの。
   私の実践したことを全部教えるからやれるだけのことはやってみたら・・・」

実は、時間や費用もかからず、自然な方法で自宅で、産み分けができる方法
あるのです。


その後、アドバイスを実践していった律子さんは、
どうなったでしょうか?


もう、言わなくても分かりますね。
11ヶ月後めでたく女の子を出産し、
今では、かわいいお洋服を着せたりして毎日幸せに娘との生活を楽しんでいる
そうです。


律子さんも

「家であせらずじっくりと、主人と協力して落ち着いて取り組めたのがよかったかも!」
と言っています。
奇跡の女の子産み分け術


病院で産み分け指導を受けても男の子しか産めなかった私が二人も立て続けに女の子を産めるなんて

女の子を出産できる
しあわせ妊娠・胎教・安産マニュアル
不妊カウンセラーが語る不妊症克服法
早く妊娠したい
posted by 女の子 at 06:15| 女の子を出産できる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。